コンセプト

TOP > 分譲区画 > コンセプト
将来に渡って良好な住環境を維持していくこと、それがこの街の最大の魅力です。

住宅が森の中に建ち並ぶような景観をめざしたパークプレイス大分公園通り。森であったこの街の姿をできるだけもとの姿に戻していきたい。自然や環境のことを考えることは、結果としてそこに住む人々が心豊かに暮らせる場所になる。そうした緑の絶対度をあげるという街づくりに反映して、例えば、擁壁のまったくないフラットな宅地造成や数多くの緑地帯の設置、各住戸への中高木の配置など、街並みを環境として捉えた新しい提案が住まいづくりへなされています。もちろん、住宅というプライベートな空間として、家族の個性に合わせた多彩なバリエーションを提案することは基本。パークプレイス大分公園通りの街づくりには、多くの住宅会社が参加し、各社の個性を競うことで、それぞれの家族のライフスタイルや人生のプランをしっかりと受けとめる住宅プランを可能にしています。街区ごとに変化に富んだ魅力的な街並み。車椅子の方でも街中を移動できるユニバーサルデザイン。充分に満足のいく個としての空間があり、森の中の街という環境としての空間がある。そのどちらもがこの街づくりには欠かせません。自然と人々がより自由で深い関係を築いていける街。その姿が少しずつ見えてきています。

緑地帯

緑地帯は心がやすまる大切な空間です。
この街は街区の角や道路沿いなどに、空間を取って緑地帯を設けています。森であったこの街の姿をもとの姿に戻していきたい。そのためにできるだけ木々や草 花の棲む場所を確保しようと考えたからです。自然に配慮した空間づくりは、結果、住人のこころを癒してくれる場所を増やし、個性豊かな家々をさらに引き立 たせる美しい街並みを実現しました。

理想のコミュニティ

理想のコミュニケーションのかたち
コミュニティを形成する上で最適な区画数は50~100程度だといわれています。パークプレイス大分公園通りでは理想のコミュニティ形成をめざしてひとつ のムラの単位を50区画程度で構成しました。さらに4丁目・5丁目では全体を3%を基準にゆるやかな勾配にすることで、欧米のように擁壁がなく、敷地間、 敷地と道路間に高低差のない開放感のあふれる街並みを実現。段差のない宅地は隣の家から見おろされることもありません。

住まいの表情

住む人の個性が、この街らしさを育みます。
例えば、フロントガード(家の表側)に、ベンチを設けた家があります。ベンチの素材は、樹木や大分の火山石など、自然の形を生かした遊び心にあふれたも の。さりげなく見せるそれぞれの住まいの表情に、住む人のこだわりやライフスタイルがあり、その個性がまたこの街に豊かな表情と美しい景観を育んでいま す。

公園のような道路空間

公園のような道路空間を目指しました。
この街の道路は、ただ移動するためではなく、車で通るときや歩いていくときにも楽しくなるような空間をめざしました。そのために道路はゆるやかにカーブさ せ、沿道には大きな木々やたくさんの花々が息づいています。それは街に点在する緑地帯や公園と一体となって、街の景観を美しいものにしています。

街並みを守る取組み

独自の建築協定で、街並みを守ります。
パークプレイス大分公園通りには、独自の建築協定と緑地協定があります。これは街の景観を守るための取り決めで、入居者全員に入っていただきます。自宅の 庭の木々はもちろん公園や隣接する家の緑を大切にする、個人の敷地内のカーポートアーチや外構を景観に沿うデザインにするなど、住人がみんなで街並みを 守っています。

森の中の家

森のなかに家があるような姿が理想です。
この街には高木約40種類、低木約90種類など、たくさんの木々が植えられています。またそれぞれの家にも中高木を植え、季節が変わるごとにたくさんの山 野草も楽しめます。九州の環境になじむ常緑の木々をベースに落葉樹やカラーリーフを、家の表側と裏庭に配植。家のまわりを緑が囲むように計画されていま す。
分譲区画
ページトップへ戻る
Copyright (C) FUKUOKAJISHO Co., Ltd. All Rights Reserved.