物件概要

TOP > 物件概要
21世紀の生活公園を創る。めざしたのは欧米の街にあるような公園都市です。

大分市の中心部から東南に約7km、眼下には遠く別府湾も望める緑豊かな丘陵地にパークプレイス大分はあります。2002年サッカーワールドカップ競技場にもなった「大分銀行ドーム」(大分スポーツ公園)と、大分で今最も人気がある大型商業施設「パークプレイス大分」、そして住宅地「パークプレイス大分公園通り」が一体となって総合開発された公園都市です。
例えばニューヨークのセントラルパークのように、暮らしの一部として存在する公園。『公園に暮らす』というコンセプトを実現する為に、街のデザインは世界最大のランドスケープ・デザイン会社EDAWが担当しました。住宅地のうち実に、50,000m2を公園にすることで、公園が生活の中心にある暮らしを目指しました。
計画地は元々山林で、元の地形を生かしながら造成しました。総区画数約1300区画からなる全体的に勾配を抑えた(3~7%)南東斜面の日照条件の良い住宅地です。道路計画は、幅員14mの幹線道路(歩道3.5m×2・車道7m)、幅員6mの街区道路を中心に計画しました。人の動線を考慮した歩道として、4mの緑道を随所に配置しています。
将来に渡って良好な住環境を維持していく為に、公園の大部分は管理組合法人が管理する自主管理公園です。住宅地南東の外周部と笹尾池~ポンドパークのエリアは、自然環境保全・復元ゾーンとして、これから将来にわたり里山の環境を保全・復元していくエリアです。

リーフ(葉)がモチーフのシンボルマーク

大分スポーツ公園と一体になった公園都市パークプレイス。そこにはエンターテイメント溢れるショッピングモールと自然豊かな住宅地があります。この街では、この地にもともと自生していた樹木をいかすなど、花、木、庭園に囲まれた生活公園を創造します。 シンボルマークはそれらの象徴であるリーフ(葉)がモチーフ。色違いの5枚の葉は四季の移ろいと共に、住宅街区のテーマとなる5つのガーデン、そこに生まれるさまざまな住宅と暮らしを表しています。

物件概要

名称
パークプレイス大分公園通り
所在地
大分市公園通り1丁目1番1他
交通
大分バス『公園通り中央・公園通り東』バス停徒歩3分(団地内)
用途地域
第1種低層住居専用地域・第2種低層住居専用地域・第2種住居地域
建ぺい率
50%(第1種低層住居専用地域)・60%(第2種低層住居専用地域)・60%(第2種住居地域)
容積率
100%(第1種低層住居専用地域)・150%(第2種低層住居専用地域)・200%(第2種住居地域)
地目
宅地
総区画数
1234区画予定
開発総面積
1,128,214,3m2(商業施設用地含)
開発行為
許可番号
大分市指令第1685号(平成23年7月25日)他
宅地造成等規制法
許可番号
大分市指令第3447号(平成18年9月29日)他
開発行為に関する
工事の検査済証
開発第1351号(平成23年11月16日)他
造成行為に関する
工事の検証済証
開発第1281号(平成19年1月17日)他
工事完了時期
平成23年11月16日(3丁目6・7番)
林地開発許可完了確認番号
森保第610号(平成21年7月1日)
道路
アスファルト舗装等4~14m
私道負担
なし
自主規制
建築協定・緑地協定
設備の整備状況
電気:九州電力(株)
ガス:大分瓦斯(株)
上水道:大分市営水道
下水道:大分市
CATV:大分ケーブルテレコム(株)
一時負担金
396,700円
 (内訳)
水道加入金(20mmφ)155,200円
管理入居時一時金120,000円
クラブハウス建設基金80,000円
CATV加入金31,500円
自治会結成基金10,000円
月額管理額
2,100円
自治会費
月額500円
校区費
6ヶ月毎1,210円
造成工事設計
(株)フジタ九州支店
造成工事
(株)フジタ・佐伯建設(株)JV
公園計画
EDAWスケープテック
事業主・土地売主
福岡地所株式会社

全体区画図

総開発面積
368ha
スポーツ公園
開発面積
255ha(高尾山自然公園50ha含む)
当社開発面積
113ha
「2005年度グッドデザイン賞」(Gマーク)を建築・環境デザイン部門において受賞しました。
第30回緑の都市賞緑の地域づくり部門・国土交通大臣賞受賞
パークプレイス大分公園通りが『第30回緑の都市賞 緑の地域づくり部門・国土交通大臣賞』を受賞しました。
分譲区画
ページトップへ戻る
Copyright (C) FUKUOKAJISHO Co., Ltd. All Rights Reserved.